犬のしつけ方

チワワのしつけ方を知ろう!チワワ好き必見!

2017/03/26

チワワ しつけ方

トイプードルなどと並んで、室内犬としてかなりの人気があるチワワ。多くの人に愛され、飼われているチワワですが、その中にはしつけ方が分からず困っている方も多いのではないでしょうか。

可愛いからつい・・・と甘やかしていると、いざという時に言うことを聞いてくれないわがままちゃんになってしまいます。今回はチワワのしつけに手を焼かれている方のために、チワワのしつけ方を紹介していきたいと思います。

1. 甘やかしすぎに注意

チワワという犬はとても可愛いですよね?特にまだ飼い始めたばかりで、子犬の頃なんかは目に入れても痛くないほど可愛がるはずです。しかし、その可愛さに負けて甘やかしてばかりいると、いつか手痛いしっぺ返しを喰らうことになります。

犬をしっかりとしつけたいなら、早いに越したことはありません。チワワも例外ではなく、生後4カ月から半年も経てば、しつけを始めても問題ありません。むしろ、まだいいか、まだいいか、と先延ばしにしていると、吠え癖や噛み癖などが付いてしまい、直すのが大変です。

チワワはその可愛い見た目とは裏腹に、勝気な性格をしているので、しつけをせず甘やかしていると、何にでも吠えまくり、知らない人に噛みつくような攻撃的な性格になってしまうかもしれません。可愛いチワワですが、心を鬼にしてでもしっかりとしつけをしましょう。

2. 吠えさせないしつけ方

チワワが吠える理由は大きく分けて二つあり、一つは「お腹がすいた」「散歩に行きたい」という要求、もう一つは来客や知らない犬などに対する警戒や不安です。

要求の時に吠えるのは、「ご飯」や「散歩」「遊んで」など、飼い主に伝えたい事がある時の最大限のアピールなので、ある程度はあって当然です。しかし、放っておくと必要以上に吠え、わがままになってくるので、しっかりとしつけが必要です。

しつけ方は、チワワが「ご飯がほしい」「散歩に行きたい」と吠えだしたら、一度「おすわり」か「待て」をさせることで行動を止め、静かになったら要求に応えてあげましょう。そうすると必要以上に吠えなくてもいいということをチワワは理解してくれます。

来客中や散歩で犬に出くわした時にチワワが吠える要因は、不安が大きいです。来客にせよ散歩にせよ、チワワの不安を解消するには慣れが必要です。最初の内は吠えてしまうかもしれませんが、何度もチャレンジして、根気よく続けることが大切です。

吠えだしたら手でチワワの口を押さえるか、軽く握るなどして吠えるのを一旦止めましょう。手を離してもう一度吠えだしたらまた止める。手を離しても吠えなかった時にはすかさず褒めてあげてください。これを繰り返し、押さえなくても吠えなくなるまで続けましょう。

チワワのしつけ方は、ダメな事をしたらその場で止め、良い事をしたらその場で褒めてあげることも大事です。後で褒めたり怒ったりしても効果はありません。

3. トイレは長い目で

チワワにトイレを覚えさせるときは、時間がかかりますので、焦らず長い目でしつけをしてください。失敗しても叱らず、成功した時にはすぐに褒めてあげてください。無闇に叱ると、おしっこをするのがダメなんだと勘違いしてしまうかもしれません。そうなるとトイレのしつけは難しくなってしまうので、温かい目で見守ってあげてください。

子犬の内は、食事の後やお水を飲んだ後、散歩の後などに抱きかかえてトイレシートまで連れて行ってあげるしつけ方がいいでしょう。ケージなどで囲い、おしっこができたら出してあげるのも良いと思います。

出来るようになってきたら、使用済みのトイレシートの切れ端などをトイレに仕込み、匂いで誘導しましょう。ただし、あちこち場所を変えずに、一か所に固定して覚えさせてください。また、うんちやおしっこをしたら、出来る限り新しいシートに取り換え、チワワが他の場所でトイレをしないよう清潔な状態を保ちましょう。

4. しっかり主従関係をつけましょう

チワワの噛み癖には、歯が生え変わってかゆい、じゃれているだけの甘噛み、相手の反応を見るためにちょっかいをかけているなど、色々な理由が考えられます。かゆいから色々な物を噛んでいるだけなら、おそらく子犬の間だけのことで済みますが、人間の手や指を噛んでくる甘噛みに関しては、しっかりしつけ方を考えないと、痛い目を見ます。

子犬のチワワに噛まれても大して痛くはありませんし、じゃれていると思えば可愛いものです。しかし、成犬になればそれなりに痛いですし、別の問題も出てきます。

いつまでも甘噛みを許していると、チワワに「この人は噛んでもいい人」と認められ、「そんな人の言うことは聞かなくても大丈夫」と主従関係が崩れ、言うことを聞かなくなるかもしれません。

甘噛みを止めさせるしつけ方は、吠え癖を直す時と同じように、噛んできたら口を押さえて叱り、手を離しても噛まなければ褒めてあげます。離すと噛んでくる場合は再び口を押さえて噛まなくなるまで繰り返してください。

主従関係は噛み癖だけでなく他のしつけにおいてもとても重要です。可愛いからと叱らずにいると主従関係は崩れ、言うことを聞かない犬になってしまうので、ダメな時はダメ!とはっきり叱ってあげましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?チワワは可愛いだけでなく、とても賢く、人懐っこい犬なので、しつければ色んな事を覚えてくれます。

甘やかすだけが愛情ではありませんので、しっかりしつけ方を覚えてチワワとの仲を深めていきましょう!


-犬のしつけ方