犬のしつけ方

『犬の甘噛みを防ぐしつけ』 犬の甘噛みの5つの理由とは!?

2017/03/26

犬 甘噛み しつけ

犬を飼育していたり、遊んだりしていると咬まれてしまう事がありますね。あまり強く咬むわけではないので大きな怪我に繋がるわけではありませんが、あまり気分がいいものでもありません。

この軽く咬む事を甘噛みといいますが、この甘噛みはしつけによって矯正することができます。

1.犬の甘噛みとはどういったものなのか?

犬の甘噛みとは、相手が怪我をするほど強くは噛まない噛み方で、ほとんどが仔犬で起こります。ただ、稀に成犬になってからも甘噛みをする場合もあります。仔犬の頃とは違って犬の大きさによっては怪我に繋がってしまうので注意が必要です。

また、甘噛みを行う理由にいくつかの理由が存在していて、しつけによって矯正することができます。

2.犬の甘噛みの理由

甘噛みをする理由としては歯の痒みがあります。生後数か月頃から乳歯から永久歯に歯が生え変わります。この歯の生え変わり時期は痒みから何かを噛んでしまう事があります。

この歯が生え変わる時期は犬種によって差がありますが、一般的には生後3か月~6か月に多いようです。なので、この時期は何か別の噛んでいいものを与えてあげる事で甘噛みを防ぐ事ができます。

甘噛みの理由としてストレスというものもあります。ストレスがたまりすぎてしまうと、噛んだり吠えたりする事が多くなります。また、何もすることがない時に何かを掻く事で気を紛らしているともいわれています。

こういった場合は、叱ってしまうと余計にストレスを溜めてしまい、余計に噛んだり吠えてしまうので叱るのではなく、何がストレス化を特定することが先決です。

犬は人と遊ぶ事が大好きな動物です。しかし、興奮してくると甘噛みをする場合があります。

また、犬同士は遊びの中でお互いに甘噛みをする事で、力の加減などを学んでいきますが、人の場合はそれがないので場合によっては噛む力が強くなってしまう場合もあります。

遊びの延長なので決して悪意があるわけではありませんが、放置をするとより強く咬んでしまう為にしつけによって矯正する必要があります。

犬は群れの中で生活する動物なので、基本的に相手と自分の順位を聞ける動物です。なので、家に迎えられた仔犬はその家族の中で自分がどの位置にいるのかを図るために甘噛みをして確認しているといわれています。

この甘噛みをする事によって飼い主や家族の反応を見て、順位を決めて、自分よりもしたと認識した人間の言う事は聞かなくなってしまう事があります。

また、飼い主や家族が甘噛みをしつけで共生をせずに甘やかしてしまうと家族の中で自分がリーダーだと認識してしまい、誰の言う事も聞かなくなり、手が付けられなくなることもあります。

犬種の中には何か野生動物を狩猟していた狩猟犬と呼ばれる犬種がいます。これらの犬種は、未だに狩猟本能を受け継いでいる犬種がいて、それらの犬種は動くものに噛みついてしまう事があります。

人の手や足は人の体の中で最も動くか書であり、狩猟犬出身の犬種にとっては噛みつきたいという本能が刺激されて、甘噛みをしてしまう事があります。

この甘噛みを本能だと放置すると次第に何でも噛んでしまう事があるので、しつけによって矯正する必要があります。

3.犬に甘噛みをされた際の最もいけない対処法

甘噛みを犬にされた場合に、最もやってはいけないのは騒いでしまう事です。犬はそれを人が喜んで遊んでくれていると勘違いをして、余計に激しくなってしまいます。そして、大怪我に繋がってしまう事になるので、甘噛みされても決して騒いだりはしないようにしましょう。

また、叱るという名目で叩いたり、蹴ったりする事もやってはいけない事です。それは虐待行為であり、飼い主や家族としては最もやってはいけない行為です。

4.犬の甘噛みのしつけ

犬の甘噛みのしつけとして最も有効なのは無視です。犬にとって飼い主や家族から無視されることほど厳しい罰はありません。また、無視をする事によって興奮した犬をクールダウンする事もできます。

一旦無視をして一定時間が過ぎてからまた遊んであげる事で、甘噛みをしてはいけない事を学習させていきます。

また、甘噛みをされたらすぐに叱る事も有効的です。犬はすぐに叱らないと意味がないといわれます。後になって叱っても犬は何で叱られているかわからないので、その場で叱るようにします。

犬が甘噛みをさせないようにする方法としては、しつけを行う以外の方法としては噛んでもいいおもちゃを用意してあげましょう。

犬に甘噛みをさせない方法としては、手や足を使って遊ばない事です。特に手を使って犬と遊ぶと興奮してくると咬まれやすくなるので、ロープなどのおもちゃを使って遊ぶようにします。

しつけの方法の1つでもある天罰法を使用することで甘噛みを矯正するという方法もあります。

天罰法とは、しつけの1つの方法で犬が甘噛みなどの飼い主や家族にとっては好ましくない行動をした際に飼い主や家族が直接叱るのではなく、まるで点が罰を与えたかのように行うしつけの方法です。

方法としては、ビー玉や石などの入った缶を落とす事で大きな音を出して驚かしたり、巣の入ったスプレーを撒いたり、マットなどを引き抜いて犬を転がせるなどがあります。

この天罰法は、効果が出やすく、様々な工夫が可能というメリットがありますが、心臓が弱いなどの持病のある犬にはできない、罰に慣れてしまう、効果が出過ぎてしまうなどのデメリットもあります。なので、天罰法を行う際には犬の性格などについて考慮して行うようにしましょう。

おわりに

犬の甘噛みは、しつけによって予防する事も矯正することもできます。ただ、成犬になってからだとしつけが大変です。

なので、まだ力が弱く、変な癖もついていない仔犬の頃の方がしつけはやりやすいので、仔犬の頃からしつけを行う事が大切です。


-犬のしつけ方