犬グッズ

『犬のしつけグッズ』 便利な5つのアイテムとは!?

2017/03/26

犬 しつけ グッズ

犬を飼育する際に必須とされるのが、しつけです。しつけは、犬が人間と共生する為に必要な事を教える事です。しつけのプロであるドッグトレーナーに任せる事も選択肢の1つですが、飼い主や家族自らが行う事もできます。

ただ、初めてしつけをする際には、大変なこともあります。また、犬種や個体によってしつけが簡単な場合や難しい場合があります。そこで、犬のしつけをする際に使用すると便利なグッズが市販されています。そういったグッズを使用する事で簡単にしつけをする事ができるようになります。

1. 何でも噛んでしまっている飼い主にはビターアップル

犬の中には噛み癖がある場合もいます。噛み癖はしつけによって矯正する事ができますが、そういった場合に使用すると便利なグッズがビターアップルです。

ビターアップルは、スプレータイプでリンゴの皮から抽出した天然の苦味成分で、犬が噛んだり、舐めたりすると苦いために噛んだり、舐める事を止めるようにしつけを行います。なので、噛んでは困るものや人の手足に吹きかける事で、噛み癖を矯正します。また、犬が自分の被毛を噛んで被毛が抜けてしまう場合にもおすすめです。

これは、犬が舐めても害はなく、健康に問題はなく、人の皮膚や被毛にも安心して使用する事ができます。ただ、目の周りや傷口、粘膜などには使用しないようにしましょう。

ビターアップルは1回でも効果がありますが、1回だけでは効果がない場合もあります。また、1回舐めてしまうと効果が失われるので、1回で効果がなく複数回使用しないといけない場合にはその都度吹きかけるようにします。また、噛まなかった場合にはすぐに褒めてあげる事で噛まない事がいい事であることを学習させていきます。

犬に噛んだら苦い味がしたと学習して、噛まなかったら誉めてもらったといいう事を学習させる事で噛み癖をしつけを行います。

2. 飼い主がしてほしいことを強調するグッズ、クリッカー

犬のしつけのグッズにクリッカーと呼ばれるものがあります。これは、手のひらサイズの大きさで窪みを押すと独特の音がします。

ただ、このグッズだけでは犬のしつけの意味がありません。良い行動をした際に犬への合図としてこのクリッカーが使用し、犬にクリッカーがなった際にこれは飼い主や家族が喜ぶ行動であることを理解させる際に使用するしつけのグッズです。

スワレなどのコマンドを出すのではなく、犬が自然と行動をした際にクリッカーを鳴らして、褒めたり、ご褒美を上げたりする事でしつけを行っていきます。

3. どうしても吠えてもらいたくない際に最適なグッズ、口輪

口輪は、犬に吠えさせないようにする際に使用します。また、噛まないようにする際や拾い食いをさせないようにする際にも使用できます。犬にとって吠える事は自分の意思を示す行動の1つではありますが、飼い主や家族としてはいつでも好き勝手に吠えられては困る場合もあります。

その際に効果的なのが口輪です。口が開かないようにするので、口が開けなければ吠える事はできません。ただ、唸ったりする事はできるので、完全に声を出す事ができないわけではありません。

口輪には、皮のベルトだけで口を固定して開けなくするものやメッシュのマスクで口全体を覆ってしまうものなどいくつかの種類があります。

口輪ははたから見るとかわいそうと思う事がありますが、そうは見えない口輪があります。オッポ(OPPO) quack(クァック)という口輪で、アヒルがモチーフなのでかわいそうには見えないような口輪です。

また、ファンタジーワールド メッシュマズルは、メッシュ織物素材なので通気性に優れ、汚れても簡単に洗浄する事ができる口輪です。付外しが簡単で、口元はゆとりがあるので口輪をしたまま水を飲むことができます。

4. 引っ張り癖で困っている人にはイージーウォークハーネス

犬は散歩が大好きな動物で、外に出るのが嬉しすぎて飼い主や家族を引っ張るようにして歩いてしまう事があります。小型犬や超小型犬であればそこまで問題はありませんが、中型犬以上になると成人男性でもコントロールができなくなる場合があります。

そういった引っ張り癖を矯正するしつけのグッズとしてイージーウォークハーネスがあります。一般のハーネスでは引っ張り癖の犬をコントロールする事はできませんが、このハーネスは犬の胸の前につけるタイプなので引っ張り癖をしつけを行う事ができます。

犬は胸を抑える事である程度コントロールができます。このハーネスは犬のこの習性を利用したものでどの犬種にも使用できるしつけグッズです。

5. 無駄吠えを抑制するバークコントロールカラー

バークコントロールカラーは全犬種対応無駄吠え防止首輪で、調節可能な警告音と低周波静電気パルス感度で制御します。

犬が吠えた際に喉が振動するので、この振動を感知して低周波パルスが発生する事で犬の無駄吠えを抑制します。また、6段階に調節機能が付いていて、生後6か月以上の3.6㎏以上の犬で使用する事ができます。なので、チワワやヨークシャー・テリアのような超小型犬種には使用する事はできません。

ただ、北欧では問題行動の根本的な理由で解決しなければ、ただ力で制しているだけに過ぎないといわれ、信頼関係を築く事ができないといわれている犬のしつけのグッズです。

おわりに

犬のしつけは、問題行動を起こしてから行う事は大変です。また、仔犬の頃であれば変な癖もついていないのでしつけを行う事は簡単です。

そのしつけをより簡単にするためにしつけのためのグッズを使用してみるのも1つの方法です。また、しつけは一昔前は叱る事を基本線として行うものとされていましたが、現在では褒める事を基本として行う事が一般的です。しつけを行う際にはちゃんとできた際にはしっかりと誉めてあげてください。


-犬グッズ