犬のしつけ方

犬のトイレ、場所を覚えさせる4つのポイントとは!?

2017/03/26

犬 トイレ 場所

犬を飼った時に最初に覚えさせたいのが、トイレの場所ですよね??

でも、いざ犬用のトイレを設置しようとすると、意外と置き場所に困ってしまいます。お客さんが来た時のことを考えるとリビングには置きたくないし、かといって洗面所やキッチンだと匂いがこもってしまう・・。

犬のトイレのことでお困りの方々に、設置場所の選び方やしつけ方のポイントなどを紹介していきます!

1. まずはトイレの場所選びから

まず犬のトイレの場所を選ぶ基準は、犬が落ち着いて用を済ませるかどうかです!犬も人間と同じで、トイレをする時は落ち着いてしたいので、人目に付かず、静かでひっそりとした場所に設置してあげてください。

でも、犬が落ち着ける場所じゃないとダメって言われても、人間側にも都合がありますよね。キッチンなんかは目に付きにくい場所ではありますが、料理をする場所にトイレはちょっと・・と思いますし、いくら可愛い愛犬と言えども、うんちをする姿はできれば見たいものではありません。

かといってあんまり部屋から遠い場所にトイレを設置してしまうと、確認やしつけが大変。トイレに間に合わず、途中の廊下で出てしまった、ということもあり得ます。

そこで犬のトイレの場所としておすすめするのは、普段生活する部屋の中で、隅っこや棚の死角になっている場所など、出来る限り見えにくい場所です。トイレコーナーに外から見えないように柵なんかをつけるのも良いかもしれません。

できるだけ見えにくい場所を選びつつ、確認やしつけがし易いように人の生活圏の近くにした方が良いでしょう。もちろん匂いがしますので、出来る限りこまめにトイレシートを交換することで匂いを抑えましょう。

犬が来てから考えるのでは遅いので、どこにケージを置いて、どこでトイレをさせるのか、しっかり検討を付けてから犬を飼いましょう。

2. 犬のトイレの場所選びは最初が肝心

犬が家にやってきたら、まず最初にトイレの場所を決めてあげてください。犬は自分の排泄物の匂いがする場所をトイレとみなすので、一度カーペットやソファの上でおしっこをしてしまうと、今後も同じ場所でし続けてしまうかもしれません。予定外の場所でおしっこをしてしまった時は、綺麗にふき取って必ず消臭までしてください。

最初から狙った場所でトイレをさせたい時は、ペットショップなどで犬を引き取る際に、実際に使用していたトイレシートの切れ端をもらうと良いでしょう。おしっこの匂いが付いたトイレシートの切れ端を、トイレをさせたい場所に仕込んで誘導することで、狙い通りの場所をトイレにしてくれる可能性がぐっと高まるはずです。

3. トイレの場所を少しずつ変える

狙い通りの場所でトイレをさせるためのポイントを説明しましたが、やってくる犬が赤ちゃんの場合は少し違ってきます。子犬のうちは、トイレの場所はできるだけケージ(寝床)と近い場所にしてあげましょう。トイレと寝床が一体になったタイプのケージもあるようですね。

ただし、それは子犬の間だけであって、大人になったら寝床とトイレはしっかり離してあげなければいけません。大人になっても寝床とトイレが隣り合わせ、というのは不衛生ですし、トイレ以外の場所でおしっこをしてしまう要因にもなるでしょう。

トイレの場所は、犬の成長に合わせて少しずつ移動させましょう。一気に移動させてしまうと、犬はトイレを見失ってトイレ以外の場所でおしっこをしてしまうかもしれません。

最初はケージから少しだけ離れた場所に移動させ、そこでトイレをできたら成功です。何度も出来るようになったら少し移動。出来るようになったら移動。というように少しずつの移動を繰り返し、狙いの場所まで誘導してあげましょう。

4. トイレの場所を変えたい時

トイレの場所が決まった後にも、ちょっとした理由で犬のトイレの場所を変える必要があるかもしれません。模様替えや改築など、理由は人それぞれですが、仕方ないこともありますよね。

そういう時には、新しくトイレにしたい場所にトイレシートを敷き、できるだけ強い匂いがついたトイレシートを仕込んでおきましょう。ただし、必ず変更前の場所にもトイレシートを敷いておいてください。

しばらくは前の場所と新しい場所を両方使ったりするかもしれませんが、犬のしつけはとにかく続けることが大事ですので、根気よく頑張りましょう。

トイレの場所を決めていても、違う場所で犬がおしっこをしてしまうこともあります。しっかり拭いて消臭すれば大丈夫ですが、匂いが残ってしまった場合には、犬にとってはその場所もトイレになります。そうなってしまえば、いくら綺麗に片づけて、「ここはトイレじゃない!」とアピールしても犬には意味がありませんので、その場所にもトイレシートを敷いてそれ以上汚さないようにしましょう。

しかし、トイレの場所がそこに決まってしまうという訳ではなく、正しいトイレと、仕方なく敷いたトイレシートの両方を犬は使うはずです。なので、正しいトイレを使えた時には褒めてあげるかご褒美をあげて、こっちが正解だということを教えてあげましょう。辛抱強くしつけを続けていけば、正しいトイレの場所を覚える筈です。

おわりに

いかかでしたでしょうか?トイレの場所を決めておくことは、犬を飼う上でかなり重要な事だと思います。いろんな場所でおしっこやウンチをされては、たまったものではありません!

トイレの置き場所をしっかり決めて、犬にとっても人にとっても快適に暮らせるような飼い方を目指しましょう!


-犬のしつけ方