犬のしつけ方

ドッグトレーニングの2つの目的と注意点とは!?

ドッグ トレーニング

ドッグトレーニングは、しつけともいわれるものです。ドッグトレーニングには一般的に2つの目的があるとされています。また、そのやり方も昔と今ではやり方が180度変わっています。

また、ドッグトレーニングはドッグトレーナーに任せるという事も1つの方法ではありますが、飼い主や家族でもやり方さえ間違えなければ行う事ができるものです。

1. ドッグトレーニングの目的①

ドッグトレーニングを行う事は、人と共生するためのルールを教える事です。犬と人は違う動物です。その違う動物同士が一緒に生活している際にはある程度ルールを作る事が大切となります。

ドッグトレーニングはそのルールを犬に教える事で、双方が快適に過ごす事を目的にしています。また、ドッグトレーニングを通じて飼い主や家族側もその犬がどういった性格や性質を持っているかを理解する絶好のチャンスでもあります。

2. ドッグトレーニングの目的②

2つ目の目的は、トラブルを避けるためです。他の犬との喧嘩や見知らぬ人との無駄なトラブルを避けるためにドッグトレーニングは必要となります。

特に大型犬や超大型犬は相手に危害を加えた場合、大怪我になる事もあるので、特に徹底したドッグトレーニングが必要となります。

3. 昔と今のドッグトレーニングの違い

ドッグトレーニングは、かつては叩いたり、リードをガンガンに引っ張ったりして罰を与える事をベースとしていけない事を教えていました。

ただ、そういったトレーニング方法では犬を力で抑えているだけで信頼関係を結ぶ事ができません。あくまで犬が罰が嫌だから従っているだけにすぎませんでした。

現在では、罰を与えたり、叱ったりするのではなく、おやつやおもちゃを使って犬をほめながら行っていく事が主流となっています。この方法は、いけない事を教えていくのではなく、いい行動がどういったものなのかを教えていきます。

また、絶対に叱らないわけではありません。やってはいけない事をすれば叱る事もありますが、叱る事がメインではなくなってきたのが現在のドッグトレーニングといえます。

4. ドッグトレーニングの注意点、犬のリーダーになる

犬という動物はもともとは群れで生活をしてきた動物です。なので、現在でも犬は家族の中で自分がどのくらいの位置にいるかを把握しようとしています。

また、自分よりも上だと思えば指示に従いますが、自分よりも下だと思えば従わない事があります。

なので、ドッグトレーニングをする際には飼い主がリーダーとなる事が大切となります。犬にとってリーダーの言う事は絶対です。ドッグトレーニングは犬のこの習性を使って行っていきます。

例えば、食餌をする際に犬と一緒に食事をするのではなく、飼い主や家族が食餌をおえてから犬に食餌をさせるなどして家族という群れの中で犬がどの位置にあるのかを犬に教えていくようにします。

特に子供がいる家庭では、犬と子供が兄弟のように育つという事もありますが、兄弟のように育つという事は兄弟げんかもする危険性があるという事です。

中型犬以上の犬種が子供に牙をむければ危険な場合もあります。また、子供の言う事だけ聞かなくなるという事もあります。そういった場合を避けるためには常に子供を優先して犬に子供は自分よりも上だという事を学習させるようにする事が大切です。

5. ドッグトレーニングをする上でやってはいけない事

家族でドッグトレーニングをする際には、一貫した態度をとるようにします。また、命令のコマンドは1つに共通しておくことで犬が迷わないようにしてあげましょう。

また、褒める場合や叱る場合も行ったその場でほめたり、叱ったりします。犬は、時間がある程度経過してから褒めたり、叱っても何で褒められたり、叱られているかを理解する事ができません。なので、誉める場合も叱る場合もその場でほめ、時間経過した事は褒めたり、叱ったりはしないようにしましょう。

6. ドッグトレーニングのご褒美

現在のドッグトレーニングは褒めたり、ご褒美を上げたりする事でいい事を強化していくようにして行います。

その際のご褒美は、その犬の性格や性質によって変えていきます。食べる事が大好きであればおやつをご褒美としたり、撫でる事が大好きであれば飼い主や家族が撫でたりしてあげましょう。

7. ドッグトレーニングの種類と開始時期

ドッグトレーニングの種類は全て同じではなく、飼育方法や犬種の性質、性格によって変わってきます。

室外飼育と室内飼育で大きく変わるのがトイレのトレーニングです。室外ではある程度自由に場所を決めてトイレをしても問題ないですが、室内だと自由にトイレをしてもらっては困りますね。

なので、室内飼育するのはトイレのトレーニングを行う事が必須です。

ドッグトレーニングを行う際にはどのトレーニングを行うかをあらかじめ決定しておき、家族の中で共通事項として把握させておくようにしましょう。

また、ドッグトレーニングを始める時期は仔犬を家に迎えたその日から行っていくようにします。仔犬の場合は成犬とは違って余計な癖があるわけではなく、力も弱いのでドッグトレーニングがしやすいというメリットがあります。

おわりに

ドッグトレーニングは、やり方さえ間違わなければ難しい事ではありません。

ただ、覚えるスピードは犬種や個体によって変わってきます。すぐに覚える場合もあれば、なかなか覚えない場合もあるので、気長にゆっくりと行っていく事がドッグトレーニングをする際のコツの1つです。


-犬のしつけ方