犬のしつけ方

ミニチュアダックスをしつける5つの秘訣とは!?

2017/03/26

ミニチュアダックス しつけ

ミニチュアダックスといえば、数ある品種の中でも人気がある犬です。同じミニチュアダックスでも毛質やカラーの種類が豊富なのも魅力の一つで、そのため非常に多くの人が飼っている犬種と言えるでしょう。

飼っている人が多いということは、ミニチュアダックスのしつけに悩む人も多いはず。今回はそんな飼い主さんに向けたミニチュアダックスのしつけ方をご紹介していきたいと思います。

1. トイレのしつけをしよう

これはミニチュアダックスに限定した話ではありませんが、犬のトイレというものは室内犬であれば一番に覚えさせるべきしつけです。できれば犬をお家に迎える日から、トイレのしつけができるよう準備を始めておきましょう。

トイレのしつけのポイントは、失敗しても叱らない事、成功したらすぐ褒めてあげる事、根気よく続ける事です。トイレを失敗したからと言って叱ると、犬はおしっこという行為自体がダメなんだと勘違いをし、隠れてトイレをするようになってしまいます。失敗した時は怒るよりも、素早く片付け、消臭をして同じ失敗を繰り返さないように努めましょう。

反対にトイレを狙い通りの場所ですることに成功した時は、すぐさま褒めて、ご褒美をあげましょう。時間が経ってから「そういえば今日成功してたね」と褒めても、ミニチュアダックスには何の事か伝わりませんので、成功したらその場で褒めてあげてください。

根気よく続ける、というのはトイレのしつけだけではなく、全てのしつけにおいて共通するポイントです。しつけは一日二日で身に付くものではありませんので、焦らずじっくりとしつけて行きましょう。

2. 噛み癖を直そう

ミニチュアダックスの甘噛みは、生後2~3カ月くらいから始まります。この頃のミニチュアダックスに甘噛みされても痛くも痒くもありませんが、放っておくと噛み癖がつき、後で痛い目を見ますので、この時期からしっかりしつけましょう。

犬が飼い主の手や指を噛もうとしてきたら、ミニチュアダックスの口を手で軽く握るなどして強制的に止めさせ、しっかり目を見て、噛んではいけない事を伝えます。手を離しても噛んでこなければすぐに褒めてあげてください。まだ噛んでくる様であれば繰り返し行い、覚えるまで続けましょう。

机やソファを噛む時は、その場でしっかり目を見て叱り、何がダメなのか分かるようにする事が大切です。

3. 飛びかかりを止めさせよう

ミニチュアダックスはとても人懐っこく、飼い主が帰って来ると足元ではね回り、しつこく飛びついてきます。飼い主のことが好きな証拠で、とても可愛いものですが、誰にでも飛びかかる癖がついてしまうと良くありません。来客や散歩中に会った知らない人にまで飛びかかってしまい、怪我を負わせたり服を汚したりする可能性もあるので、しっかりしつけて止めさせましょう。

犬がお出迎えや遊んでほしい時に飛びかかってきた場合は、相手にしないか、しっかり突き放して止めさせ、目を見て叱りましょう。飛びかかって来る度に突き放し、飛びかかるのを止めたら、すぐに褒めてあげます。遊んでほしくて飛びついてくるミニチュアダックスを突き放すのは可哀想ですが、遊んではいけないわけではないので、ちゃんとしつけが出来たら飼い主の方から誘って遊んであげましょう。

4. 吠え癖を直そう

ミニチュアダックスを飼っていて一番困るのが、吠え癖ではないでしょうか。それもそのはずで、ミニチュアダックスは可愛い見た目に反して、猟犬として使われていた犬種なのです。

ミニチュアダックスが吠える要因として、散歩やご飯の要求、知らない人や犬への警戒・不安、物音への恐怖・驚きなどが挙げられます。

ご飯や散歩を、吠えて要求してくる時には、必ず鳴き止ませてから要求に応えてあげましょう。言われるままにご飯をあげてしまうと、吠えれば何でもしてくれる、と勘違いしますので、必ず吠えるのを止めてからあげるようにしつけてください。

来客や散歩中に知らない人に吠えるのは、警戒や不安からです。これを直すには慣れが必要ですので、どんどん散歩に連れて行き、人に吠えだしたら口を押さえて止めさせ、吠えるのを止めたらご褒美をあげるというしつけを繰り返しましょう。吠えている時に大声で叱って止めさせるのは、犬が興奮してしまうので逆効果です。

チャイムや電話の音など、物音への恐怖・驚きで吠える事もありますが、これも慣れる事が大切です。音を録音して繰り返し聞かせ、危険はないということを教えてあげましょう。初めは音量を下げ、慣れてきたら少しずつ音量を上げて行くのがコツです。

5. 主従関係をしっかりと

噛み癖も飛びかかりも、普段からしつけをしっかり行い、ミニチュアダックスと飼い主との間に主従関係ができていれば大きな問題ではありません。逆に言えば、主従関係ができていなければどんなしつけも上手くいきませんので、時には厳しくしつけ、関係をはっきりさせましょう。

主従関係を築くための基本は、必ず飼い主が主体となって行動することです。犬が吠えるからご飯をあげる、犬がじゃれてくるから遊ぶのではなく、遊びもご飯も飼い主の指示で行うようにしましょう。「飼い主が指示を出す」「犬が従う」「褒めてあげる」という肯定を繰り返していけば、主従関係は自然と身に着くはずです。

また、ご飯は人間が食べた後、ドアを出るのは人間が先、というように普段の行動でも全て人間が優先ということを習慣付けて行きましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。ミニチュアダックスはとても人懐っこくて活発なので、つい甘やかして遊んであげたくなりますよね。私も飼っていたので分かります。

しかし、甘やかしているだけでは、いつの間にか手に負えないモンスターになってしまいますので、時には心を鬼にして、しっかりしつけて行きましょう。


-犬のしつけ方