犬のしつけ方

無駄吠えする犬の正しいしつけ方!これで完璧!

2017/03/26

犬 無駄吠え しつけ

犬はなぜ無駄吠えするの?なぜしつけをしているのに解決しないの?その答えは、じつは犬ではなく飼い主さんの側に隠されています。あなたのしつけ方、間違っていませんか?

犬のしつけには特別な技術なんていりません。やり方が間違っているだけなのです。これで無駄吠えも解決!やる気があれば誰でもできる、そんな正しい犬のしつけ方についてご紹介します。

1. しつけが効かない理由は?犬はなぜ無駄吠えするの?

普段大人しい時はとっても可愛い犬なのに、無駄吠えが酷くてイライラが爆発!つい大声で「○○、うるさい!静かにしろ!」と怒鳴りつけてしまう飼い主さん、いらっしゃいますよね?それ実は最悪のしつけ方なのです。犬は自分のナワバリへの侵入者を感知したときに吠えます。そして侵入者から仲間を守るはリーダーの役目。つまり犬は自分のことをリーダーだと思い込んでいるから吠えるのです。

正しいしつけの第一歩、それは犬ではなく飼い主さんがリーダーだと犬に理解させる所から始まります。また、無駄吠え中にそれを止めさせようと抱き上げたり、気をそらすためにおやつを与えたりすることは厳禁です。吠えると褒めてもらえると思い無駄吠えを繰り返すようになります。まずは犬に自分がリーダーではないことと、静かにしていると褒められるということを理解させる訓練から行っていきましょう。

2. しつけの基本形は犬との信頼関係を作ること

飼い主さんがリーダーだと犬に理解させるためには、普段から「おすわり」「お手」などのコマンドの練習をすることが大切です。犬におやつをあげたり体を撫でて褒めたりといった報酬を与えるのは、基本的にはコマンドを遂行したときだけです。可愛いからといって意味も無く報酬を与えるのは避けてください。

犬を可愛がりたくなった場合は簡単なもので良いので、必ずコマンドを遂行させてからにしてください。そしてコマンドを遂行できたときは、必ず報酬を与えてください。こうすることで犬は飼い主さんのことをリーダーとみなし、リーダーのコマンドを遂行すると良いことがあると理解します。これが犬の無駄吠えのしつけ方の基本形です。

3. 犬の正しいしつけ方①飼い主の近くで無駄吠えする場合

家の中で犬が飼い主さんの近くにいるときに無駄吠えする場合のしつけ方です。まず犬が何に対して吠えるかを把握してください。たとえば呼び鈴に吠える場合。友人や家族など他の人に呼び鈴を鳴らしてもらって練習します。電話の音に吠える場合はスマホを使って電話の音を出します。音に反応して犬が吠えたら、犬の前に立ち塞がり片手のひらを開いて犬の顔に向けます。この動作はふらふらと動かずはっきりとした動きを心掛けます。

そして飼い主さんは低い声で短く、一言「ダメっ」と宣言して叱ってください。大声で何度も名前を呼んで怒鳴ったりしてはいけません。叱る言葉は飼い主さんの言いやすいものでかまいません。ただし、あらゆるしつけ方で叱りの言葉を統一するのが望ましいです。

そわそわして動くようでしたら、伏せをさせてください。そして犬が無駄吠えをやめ落ち着いたことを確認したら必ず報酬を与えます。小さいおやつを与えて体を撫で、声に出して褒めてあげます。これを何度も何度も毎日繰り返して練習します。叱るときと褒めるときの声と動きにメリハリをつけるのがコツです。

4. 犬の正しいしつけ方②留守番中に無駄吠えする場合

飼い主さんが近くにいるときは無駄吠えしないのに、留守番中には遠吠えのように吠えているという場合もあります。留守番させようとしたらそわそわしたり飼い主さんを後追いする犬はこの可能性があります。これを確かめるには、出かけるふりをします。犬を部屋に残して外出し、しばらく玄関前で静かに待機してみましょう。そのときに呼び鈴を鳴らしたり電話をかけたりもしてみます。これで無駄吠えするなら、留守番中も吠えている可能性が高いです。

ネットワークカメラを導入すれば、スマホで留守番中の犬の様子を外から確認できますので確実にわかります。この場合のしつけ方法ですが、細かく留守番をする練習をします。上記のように外出するふりをし、静かになったことを確認したら帰宅します。吠えている間には絶対に帰宅してはいけません。

こうすることで、静かにしていると帰ってくるのだと条件付けしてあげます。留守番のあとはすぐに犬をケージから出さずに、しばらくして落ち着いてから出してあげるようにしましょう。

5. 犬の正しいしつけ方③他の犬に無駄吠えする場合

散歩中に他の犬を見かけたら無駄吠えする場合のしつけ方です。遠くから他の犬が近づいてきたら、まずお座りや伏せをさせ落ち着かせます。飼い主さんは犬の間に入り、自分の犬のほうを向いて仁王立ちします。そしてその状態のまま、他の犬が通り過ぎるのを待ちます。完全に通り過ぎるまで大人しくできたら報酬を与えてください。

どうしても他の犬に意識が向いてしまう場合は、おやつの袋を振ってこちらの注意を引いてあげると良いでしょう。うなり声をあげたり動こうとしたりした場合は手のひらを大きく開いて犬の顔に向け、短い一言で叱ってください。これを繰り返し練習すれば、犬は無駄吠えをせず静かにしていると褒められるのだと理解します。

おわりに

あらためて心に留めてほしいのは、犬にとって無駄吠えは無い、ということです。無駄と思うのは飼い主だけで、犬にとっては吠える理由が必ずあります。その理由を飼い主さんが理解して正しいしつけ方をすれば、必ず無駄吠えは解決します。

犬は賢い動物で、信頼関係のできた飼い主さんの事は決して裏切りません。犬に信頼される飼い主さんを目指して、もう一度1からしつけを頑張ってみませんか。


-犬のしつけ方