犬のしつけ方

プードルに完璧に教えておきたい3つのしつけとは!?

プードル しつけ

今や人気犬種のトップといえばプードルです。カットスタイルの豊富さやカラーバリエーションも増えますます人気が絶対的なものとなっています。プードルの人気はその可愛らしい外見だけでなく、毛が抜けにくいこと、賢くしつけがしやすい事にも基づいています。

プードルのしつけは、本来のかしこさを十分に生かしてあげる事がポイントです。

1. プードル犬の気質を十分に理解する

今や人気の室内犬として大変有名なプードルですが、元は水辺での狩りの重宝されていた犬種です。プードルは猟犬といっても獲物を追いかけるのではなく、ハンターが仕留めた獲物の運搬役です。その為、猟犬特有の攻撃性や気質の荒さは持ち合わせていません。猟犬としてのプードルは、賢く、忠実で無駄吠もなく、大変スマートな行動が評価されていたからです。

家庭でペットとして飼う場合には、

・しつけはルールを決めて行う
・失敗は𠮟るよりも、無視が効果的
・知能の高さを生かす

という事を心掛けて接してあげましょう。

2. プードルの甘嚙みの効果的なしつけ方

例えば、子犬期特有の甘噛みへの対処は、

・甘噛みをしようとした瞬間に、大声をだし、嚙もうとする仕草を喰いとめる
・甘噛みをした場合は、飼い主が黙ってその場から立ち去る
・甘噛みをせずに、飼い主と上手に遊べている時に、ご褒美を与え、正しい行動だということを理解させる

という方法でしつけを行います。

プードルは大変賢い犬種です。家族それぞれの叱り方もしっかりと区分し理解することが出来ます。甘嚙みをする場合も相手によって力加減を変え、さほど厳しく𠮟らない相手や小さな子どもについ頻繁に噛み付いてしまうこともあります。

もし、大人が離れた場所にいる時を狙って、子供に集中的に甘嚙みをする場合は、

・離れた場所から、大人が「オイデ」と指示をだす
・オヤツなどで呼び寄せ、自ら子供から離れるよう行動させる
・大人の傍へきたら、「オスワリ」「マテ」などの指示をだす

このように、子供が甘嚙みをされているときに、その都度、大人が駆け寄りプードルを引き離すのではなく、プードル自らがその場から離れるようにしつけをしていきます。

このしつけが習得できると、いたずらをしている最中に、いたずらを止めさせるにも応用が出来ます。

3. プードルの無駄吠えの効果的なしつけ方

プードルは賢い、大人しいと言われ、中には「無駄吠え」をほとんどしないと紹介しているペットショップもあります。

確かにプードル本来の気質では、むやみに吠えたてたり、他犬を攻撃するという習性はありません。しかし、ペットショップで販売されている子犬の中には、生後50日ほどで販売されるなど、たいへん月齢が浅く、親犬の元で十分な社会経験を積まずに育ってしまっている事も多く、このような場合、余計な警戒心や不安感から無駄吠えなどの問題行動を起こす場合もあります。

プードルの賢さは、一度経験した事を忘れないという面もあります。

・玄関チャイムがなり、知らない人間が姿を現した
・毎日、同じ時間に屋外から子供の声や交通騒音、地域のサイレンが聞える
・特定の犬種に攻撃されてことがある
・トリミングショップや動物病院で不快な思いをした事がある

以前に経験した時に、不快な思いや恐怖を感じた事がある場合、また同じ状況になれば、けたたましく吠えることもあります。この行動は、条件反射的に起こり、なかなか事前の予測が難しく、しつけでのコントロールも難しいものです。その為、子犬のうちから様々な社会経験、生活音に慣れる練習を重ね、余計な警戒心や恐怖心が育たないようにしてあげましょう。

4. プードルのお手入れは一生のお付き合い

プードルと言えば、抜け毛がほとんどないことも人気の理由の一つです。その代わり、月に一度程度のカットや日々のブラッシングで毛玉が出来ないようにケアをしてあげる必要があります。

しかし、中にはブラッシングが苦手、爪切りが苦手、耳掃除が苦手ということもあります。特に、耳掃除は、耳の内部の通気性を確保する為に、毛を抜く作業が伴うのでたいへん不快なものです。

大変賢いプードルは、一度お手入れ嫌いになってしまうと、なかなか克服できず、プロトリマーも手を焼くほどです。

しかし、一生を通じて頻繁にトリミングやお手入れを受ける必要があるので、お手入れに関しては、

・子犬の時期は、プロトリマーに依頼する
・トリミングショップの利用頻度を高め、習慣化させる
・ワクチン接種完了後、出来るだけ早い時期からトリミングを経験させる

事が必用です。特に生後半年までの子犬の時期は、まだ被毛の伸びも遅く、トリミングショプを利用せずとも家庭でのお手入れで済ませることも出来ますが、この時期にあえてトリミングショップを何度も経験させておくことが、将来のお手入れ嫌いの予防に繋がるので、ぜひ積極的に利用をしましょう。

おわりに

プードルは大変賢い犬種なので、子犬の時期に社会化で経験した事をどんどん吸収し、社交性を身に付けていきます。ぜひ積極的に色々な経験をさせてあげましょう。

また、他犬との触れ合いも小型犬同士に限定せず、様々な犬種と触れ合わせる事で、より聡明で活発な性格に成長します。ぜひ、プードルのしつけを通じて、飼い主自身の楽しみも見つけていきましょう。


-犬のしつけ方