犬のしつけ方

『成犬のトイレトレーニング』 今からでも遅くない正しい方法とは!?

2017/03/26

成犬 トイレ トレーニング

犬を飼い始めるとまず最初に考えるしつけがトイレですよね。

一般的にトイレトレーニングの時期は子犬のときが良いとされていますが、成犬になって家族として迎えた、今までちゃんと指定の場所でしてくれていたのに急にいろんなところでするようになってしまったなんてこともあるかと思います。

今回はそんな状況になった場合の成犬の正しいトイレトレーニングについて紹介します。

1. なぜトイレを失敗してしまうの?

犬がトイレを失敗してしまうには様々な原因があります。単に飼い主のしつけ不足ということはよくあるでしょう。

今までちゃんと出来ていたのに急に失敗するようになったときは、怪我や病気でトイレの場所まで行くのが苦痛なのかもしれません。

また、同じ場所に繰り返し失敗するようであれば、以前トイレしたときのニオイが残っているのかもしれません。犬はニオイが残っているとそこを自分のトイレだと思うので、失敗したあとはしっかりと消臭しておかなければいけません。

犬の本能としてはマーキング行動や服従行動としてオシッコをしてしまうこともあります。なぜトイレを失敗してしまうのか、その犬によって原因は様々なのでしっかりと見極めてトレーニングしていきましょう。

では、さっそく今からでも遅くない成犬のトイレトレーニング方法について紹介していきましょう。

2. 成犬のトイレトレーニング① トイレの環境作り

成犬のトイレトレーニングでまず最初にすべきことはトイレの場所を決めることです。犬のトイレを設置するときは、犬が落ち着くことのできる静かで清潔な場所にしましょう。

また、犬は自分の生活する場所を汚したくないので、自分の寝床や食事の場所の近くでトイレをすることを嫌います。トイレは寝床と食事場所から離したところに作ってあげましょう。

最初はサークルやゲージでトイレを囲ってあげるとトイレの場所を覚えやすいです。その際、犬の体が余裕で入るくらいの大きなトイレにしてあげます。そうすることで失敗が少なくなります。トイレトレーニングを行うときは広めのトイレを用意してあげましょう。

オスであれば片足を上げてオシッコをするためにはみ出てしまうなんてこともありますよね。その対策として、床の部分だけではなくサークルの柵の部分にもシーツがくるようにL字にしておくことをおすすめします。

3. 成犬のトイレトレーニング② 習性を利用する

犬はトイレの場所を足の感触で覚える習性があります。この習性を利用して犬にトイレの場所を教えます。

また、犬がトイレに行きたいときはソワソワし出たり、同じ場所を何度もクルクル回ってトイレする場所を探すような仕草をすることが多いので、そのこうな行動が見られたときはトイレへ連れて行くタイミングです。

しっかり誘導してあげましょう。これを繰り返すことでトイレシーツの柔らかい感触が自分のトイレの場所だと覚えてくれます。

ここで注意しておきたいのは、犬は柔らかい感触がトイレの場所であると覚えるということです。トイレをして欲しくない場所に絨毯や布団などの柔らかい感触のものを置かないようにしましょう。足元に柔らかい感触があるとトイレだと勘違いしてそこに失敗してしまう可能性があります。

4. 成犬のトイレトレーニング③ 褒めてのばす

失敗して怒ることはあっても上手にトイレでできたときはたいして褒めていないといった飼い主さんもいらっしゃいます。犬が自分で上手にトイレで排泄できた場合はおおげさなくらい褒めてあげましょう。

トレーニングを始めたころは、ちゃんとトイレで排泄できたらご褒美におやつをあげるという手もあります。とにかくここでトイレをすると褒めてもらえる、おやつをもらえるといったように犬にとって良い印象となるように覚えさせましょう。

慣れてきたら、おやつは辞めてしっかりと褒めてあげるというように徐々におやつを与えるのを辞めていくようにします。褒めることだけは完璧にトイレを覚えるまでは続けてくださいね。

5. 失敗しても叱ってはいけません

一般的に成犬のトイレのしつけには、子犬の倍以上の時間はかかるとされています。トイレトレーニングをしているときに何度も失敗してしまうということもあるでしょうが、叱ってはいけません。犬は”失敗したから怒られた”のではなく”トイレをしたから怒られた”と勘違いしてしまいます。

また、大声を出すと、犬も驚いて興奮したり、遊んでくれていると思ってしまって余計にトイレトレーニングがうまくいかなくなる可能性があります。

また、成犬でトイレを失敗してしまう子の中には、過去にトイレの失敗ですごく怒られてしまったことがあるということもよくあることなので、トイレの失敗で怒るという行為は絶対にしてはいけません。

おわりに

成犬のトイレトレーニングはとにかく根気強く続けることがとても重要です。失敗してもイライラしてはダメです。叱らずにそっとトイレの後始末をしてニオイをきれいに消臭しておきましょう。

犬がトイレしやすい環境を作って、何度もトイレを教えてあげることで、犬もだんだんと理解してくれますので最後まで諦めずにトレーニングしましょう。


-犬のしつけ方