犬のしつけ方

『柴犬の飼い方と選び方』 実は難しい?

2017/03/26

柴犬 飼い方

その愛くるしい見た目から大人気の柴犬。なんとなく訪れたペットショップに柴犬の子犬がいると、そのあまりの可愛さにもう衝動買いしたくなってしまいますよね。

でもちょっと待ってください。柴犬の安易な飼い方は、飼い主と犬双方の生活を不幸にするかも!まずはこの記事を読んで、柴犬との楽しい生活を満喫するための準備を整えましょう。

1. 柴犬ってどんな犬なの?

柴犬は秋田犬や甲斐犬と同様の、由緒正しき日本国原産の日本犬です。日本犬は現在6種類存在しますが、どれも天然記念物に指定されている貴重な犬種になります。そんな日本犬の中で最も人気が高いのが柴犬で、現存する日本犬の内なんと約8割を柴犬が占めているそうです。

その愛くるしいコロコロした見た目から柴犬は日本国内だけでなく海外でも人気が高く、あのレディーガガも飼っているとか。小型犬のわりにはがっしりとした骨格で、病気にも強い元気な犬種です。

そんな大人気の柴犬ですが、柴犬は飼い方が意外と難しいという意見が多い事実をご存知でしょうか。そこでまずは飼いやすい柴犬を見つけるところから話を始めたいと思います。

2. ペットショップの豆柴の衝動買いはNG?

大抵の人は、犬を買う=ペットショップに行くと思います。柴犬を飼おうとペットショップに行くと、よく豆柴という名称で柴犬が売られているのを目にします。柴犬を改良して小型化したのが豆柴だと思っていませんか?実は豆柴という犬種は正式には存在しません。ペットショップで豆柴として売られているのは、大抵の場合普通の柴犬の子犬です。

一部NPO法人が豆柴を独自に審査公認していますが、メジャーな登録団体では公認されておらず見解が分かれている状況です。柴犬の子犬に十分な栄養を与えないことで成長を阻害して強引に豆柴化している悪質な業者も存在しています。

そのため、もしペットショップで豆柴を買おうと考えている方は、店員さんによく話を聞いてからにすることをオススメします。ペットショップ側も豆柴についてよく把握していないか、単に柴犬の子犬を豆柴って言うんですよ、くらいの認識しかない場合があります。小さくて可愛いイメージのまま買って育ててみると、思った以上に大きく成長して想定していた飼い方ができなくなった、というトラブルが後を絶ちません。

柴犬は小型犬にこそ分類されていますが、体重が10キロを超える中型犬クラスまで成長する場合もあります。購入前にはしっかりとした情報収集がとても大切です。

3. 柴犬は飼い方が難しいって本当ですか?

柴犬をはじめとする日本犬は、プードルやチワワといった洋犬とは性格が全く異なる場合が多いです。総じて飼い主に甘えてくることは洋犬と比べると少ないと言えるでしょう。また自分が飼い主と認めた人に対しては忠実ですが、一方で飼い主以外の他人に心を開かない場合があります。その警戒心の高さゆえ番犬としてとても優秀なのです。

また自尊心が高い一方でストレスに弱く、頭や体をむやみに撫でられることを嫌がることがあります。人間が大好きで、体を撫でられると喜ぶ多くの洋犬とは飼い方も少し違ってくるという訳ですね。

また、柴犬は性格の差が大きい犬種で、とくに苦労もなく飼えてしまえる場合もあれば、しつけを間違えて手の付けられない暴れ者になってしまう場合もあります。洋犬向けの服従させるタイプのしつけ方をして失敗される方が多いです。

飼い方を間違えると飼い主に対して吠えたり噛んだりといった攻撃行動に出ることがあります。このような状態になると矯正するのはかなり大変です。そうならないよう、飼い始めからしっかりとした信頼関係を築いていくことがとても大切なのです。

4. 飼い方が難しくても、とにかく柴犬を飼いたい!

のっけから飼うのが心配なることばかり書いてしまいました。では、このようなトラブルを避けるにはどうすればよいのでしょうか。子犬の選び方から入ります。柴犬はペットショップではなく、信頼できるブリーダーさんから購入することを以下の二つの理由から強くオススメします。

第一の理由は、ブリーダーであれば子犬だけでなく親犬も一緒に確認させてもらえますので、成犬になった時の大きさの推測が可能です。それだけで、飼うときのイメージも湧くでしょうし、用意するケージ等のサイズも選びやすくなります。豆柴のイメージで小さい柴犬を飼いたい方は特にそうすべきです。親犬の性格やしつけ方等の情報も得ることができます。

第二の理由は、飼い方が楽になるからです。ペットショップで売っている柴犬は、幼い頃に母犬や兄弟犬から引き離されてしまい、生後1~3ヶ月までの社会化期を孤独に過ごします。他の犬との遊び方や格上の母犬との接し方を十分に知らないまま大きくなるため、人間との関係も築きにくくなると言われています。これでは警戒心と自尊心の高い柴犬の飼い方がさらに難しくなってしまいます。

このような事態を避けるため、信頼できるブリーダーさんは、社会化期を過ぎる前に売ることはありません。子犬を兄弟犬や母犬と一緒に過ごし、基礎的なしつけを行ったうえで飼い主さんに引き渡すようにしています。もちろん柴犬の知識も豊富ですから、しつけ等飼い方のアドバイスももらえます。まずは信頼できるブリーダーさんを探すところから始めましょう。

5. 柴犬がやってきた!飼い方で気を付けることは?

柴犬というと庭先の犬小屋で飼う飼い方のイメージがありますが、昨今は部屋飼いする人のほうが多いです。ただししつけがうまくいかないと、部屋のものを荒らしたり、訪問者に吠えたり咬んだりといったトラブルが多発します。この主要因は運動不足からくるストレスです。ストレス解消のために、毎日朝晩各1時間以上の散歩をしたり、週末はドッグランで解放してあげたり等で十分な運動量を確保してください。これだけでかなり改善します。

人間を噛んだり吠えたりする場合も、まずはストレスを解消してあげることが第一です。また、柴犬は警戒心が強いですので、散歩中等に他人に体をむやみに触らせることもストレスになります。なるべく断りましょう。帰宅後休息する場所は静かで周囲から隠れられるよう配慮してあげてください。

基本的なしつけ方は、早期から遊びの延長で行うのが良いでしょう。例えばおもちゃの引っ張り合いをして、吠えたり咬んだりしたら即中止します。吠えたり咬んだりしたら遊んでもらえないことを覚えていきます。落ち着いたら遊びを再開します。同時に「離せ!」のコマンドも覚えさせましょう。おもちゃを離したらおやつをあげて褒めます。

トイレトレーニングでは、柴犬は屋外でしか排泄しなくなる子が多い傾向があります。室内でさせる為にはトイレの場所を明確に決めます。例えばトイレ用のケージを別に用意し、犬のトイレのタイミングをみてその中に入れます。排泄するまで外に出さずに待ち、排泄したら褒めて出してあげます。この場所で排泄したら褒められると認識させられれば成功です。以後はトイレ用ケージを解放しておけば、自分でそこに行って排泄をするようになります。

おわりに

柴犬は頭の良い犬種です。第一に、きちんと丁寧に根気よくしつけを行うこと、第二に毎日十分な散歩や遊びの時間を確保してあげること、この二点を飼い主さんが厳守すれば最高のパートナーになってくれます。

うまくいかない場合は犬自身に問題があるのではなく、飼い方に問題があるというふうに考え、愛犬に合ったしつけ方を探っていくことが大切なのです。


-犬のしつけ方